オリーブジュースカプセルに副作用はあるの?

オリーブジュースカプセルに副作用はあるの?

すこやか工房のオリーブジュースカプセルは究極の有機栽培にこだわり、スペインのオリーブ農園でのみ育てられたというオリーブを使用、特殊技術によって、オリーブの健康成分をまるごと1つのカプセルに閉じ込めたという商品です。では、副作用の心配などはないのでしょうか?

 

オリーブオイルには副作用の心配はないの?

 

まずは、オリーブオイル自体に副作用の心配がないのかを調べてみました。今やオリーブオイルといえば、美容や健康にも良いと評判になっています。スーパーの油売り場にも、何種類ものオリーブオイルが普通に並んでいる時代になりました。

 

そんな、体にいいと言われているオリーブオイルでも副作用はあるのでしょうか?実は一日に飲んでも良いとされるオリーブオイルの限度量が、日本ではまだ示されていないのが現実です。アメリカでは、一価不飽和脂肪酸の摂りすぎが冠動脈疾患になってしまう恐れもあるとして、オリーブオイルは1日に大さじ2杯を限度とするとしています。

 

そもそも、オリーブオイルは油なので、摂りすぎることで、胃腸に負担になってしまったり、胸やけがしたりすることもあります。またカロリーが高いので、摂取しすぎると太ってしまう恐れもあります。そして、保存方法についても、劣化しやすいという性質がありますので、日光の当たる場所や密閉されていない容器などに保存しないように気を付けましょう。

 

オリーブジュースカプセルに使用されている成分について

 

ヒドロキシチロソール

調べてみた限りでは特に副作用に関しての問題点は見つかりませんでしたが、他の医薬品やサプリなどとの併用について、詳しいことはわかりませんので、常用しているお薬などがある場合はかかりつけの医師に、サプリの場合は専門家や販売元に確認してから購入するようにして下さい。

 

オレイン酸

オレイン酸は、あくまでも脂分ということになりますので、過剰摂取はエネルギーの過剰摂取ということになってしまいます。肥満を招く場合もありますので、注意が必要です。

 

ビタミンE

ビタミンEは過剰摂取すると、体には良くないと言われています。その副作用として、骨粗鬆症、吐き気、下痢、かゆみなどがあります。日本の厚生労働省によると、1日のビタミンEの摂取量は18〜29歳で、上限600mg、30〜49歳の女性の場合で、上限700mgということです。

 

オリーブジュースカプセルの場合、そのカプセルにゼラチンが使われています。ゼラチンにアレルギーのある方にはオススメ出来ません。そして、妊娠中、授乳中の方は医師に確認の上、購入するようにして下さい。

 

まとめ

 

オリーブジュースカプセルはあくまでも油の成分であるということを忘れないようにしてほしいと思います。カロリーとしては、決して低いわけではないので、気を付けていただきたいですね。